SQL Server の更新プログラムの取り扱いが変更されます

SQL Server Release Services Blog で、SQL Server の更新プログラムの提供方法の変更がアナウンスされました。

https://blogs.msdn.microsoft.com/sqlreleaseservices/announcing-updates-to-the-sql-server-incremental-servicing-model-ism/

本記事では、どのような変更がアナウンスされたのかを、ザックリとまとめてみたいと思います。

続きを読む

広告

SQL Server の累積的な更新プログラムリリース 2016年3月

累積的な更新プログラムがリリースされています。

SQL Server 2012 SP2 CU11
SQL Server 2012 SP2 に対する累積的な更新プログラムとなります。

SQL Server 2012 SP3 CU2
SQL Server 2012 SP3 に対する累積的な更新プログラムとなります。
テーブル名に日本語を使用している場合に発生しうる不具合の修正が含まれています。

基本的には上記CUを適用いただくことで最新の状態となりますが、
重大な問題が確認された場合などには個別の Hotfix が提供されていることがあります。
製品のサポート ライフ サイクルは
こちら を参照してください。

Power BI AS Connector から Power BI Gateway – Enterprise へのアップデート

Power BI サービスでは、オンプレミス環境のデータを使ったレポートを作成することができます。
このとき、表示対象のデータをインターネット経由で取得できる必要がありますが、一般的にオンプレミス環境のデータは閉じられたネットワークに構成されていることが多く、直接データを参照させることが難しいことが考えられます。
この問題を回避するため、Power BI サービスではゲートウェイが提供されています。

このポストでは、ゲートウェイのアップデートについてまとめてみたいと思います。
続きを読む