SQL Server 2016 CTP の新しいリリースモデル

SQL Server 2016 の Community Technology Preview (CTP) が始まって1か月が経過し、
このタイミングで、CTP 2.1 が発表されました。

SQL Server 2016 launches new rapid preview model with CTP 2.1

これまでは CTP 1 → CTP 2 → RTM というステップであれば、各ステップの期間が 6 か月~1年となっていたかと思います。(製品バージョンによっては、CTP 1が非公開だったりそうじゃなかったり・・・)

さて、今回の SQL Server 2016 ですが、CTP 1 → CTP2 まではこれまでと同じ方法を踏襲し、数か月の期間をかけてCTP 2 をリリースしました。しかし、CTP2 から先については、リリースモデルの変更が行われました。具体的には Azure で採用している Rapid Preview Model が採用されました。

続きを読む

SQL Server の累積的な更新プログラムリリース 2015年6月

以下の累積的な更新プログラムがリリースされています。

SQL Server 2014 CU8
SQL Server 2014  に対する累積的な更新プログラムとなります。
更新内容の詳細については、上記のリンクよりサポート情報をご確認ください。
列ストア インデックスを使用している場合に大量にメモリが消費される問題に関する修正などが行われています。

SQL Server 2014 SP1 CU1
SQL Server 2014  SP1 に対する累積的な更新プログラムとなります。
更新内容の詳細については、上記のリンクよりサポート情報をご確認ください。
列ストア インデックスを使用している場合に大量にメモリが消費される問題に関する修正などが行われています。
この更新プログラムには、SP1 リリース時点では未反映だった RTM 向けの 更新プログラムの修正内容も含まれます。

基本的には上記CUを適用いただくことで最新の状態となりますが、
重大な問題が確認された場合などには個別の Hotfix が提供されていることがあります。
製品のサポートライフサイクルは こちら を参照してください。