SQL Server の累積的な更新プログラムリリース 2014年6月

以下の累積的な更新プログラムがリリースされています。

SQL Server 2014 CU2
SQL Server 2014  に対する累積的な更新プログラムとなります。
更新内容の詳細については、上記のリンクよりサポート情報をご確認ください。
KB2969896 で公開されたクラスター化インデックス再構築時のデータ損失に対する修正が含まれています。
SQL Server 2012に関しては上記の個別Hotfixを提供いただく必要がありますが、
SQL Server 2014は今回のCUを適用いただくことでも対処可能となりました。

基本的には上記CUを適用いただくことで最新の状態となりますが、
重大な問題が確認された場合などには個別の Hotfix が提供されていることがあります。
製品のサポートライフサイクルは こちら を参照してください。

Update:

SQL Server 2008 R2 SP2 に対する累積的な更新プログラムがリリースされました。

SQL Server 2008 R2 SP2 CU13
SQL Server 2008 R2 SP2 に対する累積的な更新プログラムとなります。
更新内容の詳細については、上記のリンクよりサポート情報をご確認ください。
SQL Server 2008 R2 SP2への累積的な更新プログラムは、今回の提供をもって終了となり新たな更新プログラムは提供されなくなります。

広告

SQL Server 2012 のインデックス再構築処理でデータ損失の可能性

SQL Server 2012 の Hotfix が公開されました。
Update:この個別修正は、最新のService Packにも含まれています。

FIX: Data loss in clustered index occurs when you run online build index in SQL Server 2012
https://support.microsoft.com/kb/2969896/

SQL Server 2012 で ONLINE オプションを有効にしてクラスター化インデックスの再構築を実行すると、データを損失する可能性があります。対処方法としては2つあります

  • 提供されている Hotfix を適用する
  • Hotfix の適用が難しい場合、インデックス再構築 を単一スレッドで処理させる( MAXDOP を1に設定します)

続きを読む

SQL Server 2012 Service Pack 2 がリリースされました

以前の投稿でリリース予定があることを書いた SQL Server 2012 の Service Pack 2 がリリースされました。

入手方法については下記を参照してください。
http://support.microsoft.com/kb/2755533/

修正または改善された内容の一覧については下記を参照してください。
http://support.microsoft.com/kb/2958429/

de:code の一部のセッションが Channel 9 で公開され始めました

先日開催された日本マイクロソフトの2年ぶりの有償イベント「de:code」。このレコーディングが Channel 9 上で公開されています。

個人的には下記がお勧めのセッションです。先日ご紹介したデザイン パターン について解説されています。

 

Update: セッション レコーディングの公開が中止されています。再開されています。

本件に関して、私から提示可能な情報はありません。

クラウド デザインパターン

日本語書籍がそろそろ発売されますが、英語版のダウンロード先をまとめておこうと思います。

私自身、翻訳作業に携わった訳ではないため正確には把握していませんが、日本語書籍においては一部の内容がアップデートされている可能性があります。(Windows Azure → Microsoft Azure等)
とは言え、大半の内容については変わっていないと思いますので、日本語書籍購入前に立ち読みとして少し眺めて見て購入を決断いただくための材料にしていただければと思います。

その他、pattern & practice に関する情報は下記にまとめられています。