Azure サブスクリプションもクレカも無しで始める Azure Machine Learning

前回 は Azure Machine Learning 内のモジュール名称の変更について投稿しました。
今回は、モジュール名?そもそもモジュールって何?という方が、実際に Azure Machine Learning 上でモジュール名を確認できるように、使い始め方をまとめてみたいと思います。

Microsoft アカウントを準備する

既に Microsoft アカウントをお持ちの方は、そのまま使うことができます。Outlook.com や Hotmail 等をご利用いただいている方は、そのメールアカウントがそのまま Microsoft アカウントになっています。

まだ持ってないよ!という方は下記にアクセスして新しいアカウントを作成してください。
https://signup.live.com/

無償版がどのようなものかを確認

Azure Machine Learning は無償版と Standard 版の2種類があります。両者の違いは Azure Machine Learning の価格ページに記載があります。

Azure ML Free and Standard

上記はこの記事を投稿した時点でのスナップショットです。最新の情報については、必ず下記のリンクを参照してください。
https://azure.microsoft.com/ja-jp/pricing/details/machine-learning/

無償版のAzure Machine Learning を有効化する

無償版を有効にするために、まずは以下のURLにアクセスします。
https://studio.azureml.net/

Sign Up ボタンをクリックします。
studio.azureml.net top.png

利用可能な 3 つのプランが表示されます。左側はゲスト ワークスペースです。8時間だけ Azure Machine Learning を試すことができますが、8時間経過するとすべて削除されてしまいます。右側はスタンダード版のワークスペースです。利用可能な Azure サブスクリプションが必要になります。中央が無償版の Azure Machine Learning です。今回はこれを利用したいので、中央の Sign In ボタンをクリックします。
studio.azureml.net sign up

表示された画面に、Microsoft アカウントとして登録されているメールアドレスを入力します。メールアドレスのテキストボックスからフォーカスが外れた時点で、自動的に次の画面へと遷移します。
studio.azureml.net sign in

Microsoft アカウントのパスワードを入力します。パスワードを入力して サインイン ボタンをクリックすると画面が遷移します。
studio.azureml.net password

これで、Azure Machine Learning を利用することができるようになりました。
studio.azureml.net studio

次のステップ

今回の記事はここまでです。次は実際に、モジュールの名前を確認するところまでをまとめてみたいと思います。

広告

Azure サブスクリプションもクレカも無しで始める Azure Machine Learning」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: Azure Machine Learning を始めてみるシリーズ | SQL Server サポート の中の人

  2. ピンバック: Azure ML のモジュール名変更を確かめる | SQL Server サポート の中の人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中