SQL Server 2016 Service Pack 1 がリリースされました

SQL Server 2016 の Service Pack 1 がリリースされました。
Connect() 2016 で発表され、非常に大きな反響があったと感じます。
ダウンロードは以下から。

SQL Server 2016 Service Pack 1

さて、なぜ今回の Service Pack には大きな反響があったのでしょうか。

ざっくり言うと、RTM 時には Enterprise Edition でのみ提供されていた SQL Server 2016 の機能の一部が、他のエディション向けに解放されたから、です。どの位の機能が出てきたかについては、以下の SQL Server Release Service ブログからの引用で確認してみましょう。


* Requires SQL Server agent which is not part of SQL Server Express Editions
** Requires creating filestream file groups which is not possible in Local DB due to insufficient permissions.

さて、注意が必要なのは、「これで、Standard Edition だけで勝てる!」ということではない点です。RTM 時には No (提供されない) となっていた機能が、たくさん解放されているように見えますが、これらの機能群は、SQL Server のすべての機能ではありません。例えば、透過的な暗号化機能や、インデックスのオンライン再構築など、SP1 適用後も Enterprise Edition のみで提供される機能がいくつも残っています。このため、企業内の重要なシステムにおける利用という観点では、Enterprise Edition を選択することが推奨されるという事はこれまでと変わりありません。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中