Analytics Platform System のドキュメントが公開されました

Analytics Platform System (APS) は、ビッグ データ分析用のいわゆるコンバージド システムで、高速なクエリ処理、高度に分散されたストレージ システム、運用管理のシンプルさを備えた統合ソリューションとも言えます。以前は、 PDW (Parallel Data Warehouse) とも呼ばれていました。( PDW は APS 内のコンポーネント的位置付けでまだ存在しています)

この APS のドキュメントですが、Web で公開する形式に変更されています。

Microsoft Analytics Platform System
https://msdn.microsoft.com/en-us/sql/analytics-platform-system/

ちなみに、これまでは、ヘルプファイル (CHM 形式) で配布されていました。(まだ残っています)

Analytics Platform System Appliance Update 5 Documentation and Client Tools
https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=51610

さて、なぜこのドキュメントを紹介するかというと、 Azure SQL Data Warehouse (ASDWH) のチューニングに役立つ内容が含まれているためです。 ASDWH は APS (や PDW) をベースとしたアーキテクチャを採用しているため、クエリの処理部分についてはほぼその知識を活用できます。

特にパフォーマンス チューニングにおいては、 ASDWH で作成された実行プランを見るケースもあるのですが、実行プラン内の処理内容を読み解く場合に参考になります。

さて、ここまで書くと肝心のチューニング方法は?という話になると思うのですが、そこは以下のブログポストをご参照頂くとよいかと思います。

Azure SQL Data Warehouse でクエリーのパフォーマンス問題を調査する

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中