SQL Server 2016 の一般提供開始日が発表されました

既にあちこちで拾っていただいており、今更感もありますが。

SQL Server 2016 の一般提供開始日が発表されました。
https://blogs.technet.microsoft.com/dataplatforminsider/2016/05/02/get-ready-sql-server-2016-coming-on-june-1st/

リリース関連の情報については、上記のブログポストが纏まっていると思います。
が、英語なので、少し日本語でまとめてみたいと思います。
(各メディアでも纏まった情報が出てきていますので、併せて読んでいただくとよいかと思います。)

  • 提供開始日は2016年6月1日
    サポートの起算日になります。
  • エディションは4種類
    Enterprise、Standard、Express、Developer の4種類になります。この内、Express と Developer の2つは無償提供されます。
    Developer の無償提供については、別記事としてポストしました。
  • 推し機能は沢山
    パフォーマンスの改善、BI向けの機能改善、非構造化との連携(Native JSON、PolyBase による Hadoop連携)、セキュリティ機能の改善、モバイル レポートの追加、クラウドとの連携などなど。
  • クラウド ファースト の世界から生まれた SQL Server
    追加された機能のいくつかは、先行してクラウド上の SQL Database で提供されてきました。SQL Database をご利用いただいた方々から受けたフィードバックを踏まえて、製品へと導入されています。

さて、RC3 の環境を作りましょう。

広告

SQL Server 2016 の一般提供開始日が発表されました」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: SQL Server ツールのページが新たに作成されました | SQL Server サポート の中の人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中