まだまだ現役、 SQL Server のCPUに関するサポート情報

CPU はクロック数の向上ではなく、コア数を増加させる方向へと進んで来ました。
SQL Sever は大量に搭載されているプロセッサを有効に活用し、
クエリの応答時間を短縮するために並列処理を行います。
この記事では、この並列処理に関連するサポート情報をご紹介します。

SQL Server における 「並列処理の最大限度」構成オプションの推奨事項、およびガイドライン
並列処理における並列度の最大値を指定するためのパラメーター「max degree of parallelism」を定義する際のガイドラインです。
並列数を定義するパラメーターではないことに注意してください。

ハイパー スレッド環境での SQL Server サポート
上記のガイドラインに出てくるハイパー スレッディング について、
SQL Server おける考え方が整理されています。
ガイドラインの補助資料として参照してください。

目新しい情報ではないかもしれませんが、
まだ見たことがない方は一度見ておいてほしい情報です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中