SQL Database の新しいサービス階層への移行

先日、サポートチームのメンバーと SQL Database のアップグレードをどうご案内しようか、という話をしていました。
そのタイミングでは、既存の Web、Business は新しいサービス階層の Premium にのみアップグレードが可能であり、また、アップグレード後の Premium から Basic, Standard へのスケール ダウンは実行できない状態でした。(そもそも、機能として提供されていない状態) この状態では、Web, Business から Basic, Standard へアップグレードいただくためには、新しい SQL Database を作成し、データのエクスポート、インポートを実行いただく必要がありました。

さて、これをお客様にどう説明すべきかと思っていたところ、新たなアップグレード パスが提供され始めました。

新しいアップグレード パスでは、Web, Business から Basic, Standard へのアップグレードが提供されています。これで、エクスポート、インポートなしに新しいサービス階層への移行が行えるようになりました。実際の画面ショットや、接続中のセッションの取り扱いについては、DXの井上さんのブログポストが詳しいので、そちらをご参照ください。

また、Azureのオンライン ドキュメントの記述も併せて参照しておいていただけるとよいかと思います。

Web および Business エディションの終了に関する FAQ
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/azure/dn741330.aspx

データベース スケール タブの任意のサービス階層間でデータベースをアップグレードまたはダウングレードできます。これには、Web と Business の間および新しいサービス階層間のアップグレードとダウングレードも含まれます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中