SQL Server の累積的な更新プログラムリリース 2014年4月

以下の累積的な更新プログラムがリリースされています。

SQL Server 2008 R2 SP2 CU12
SQL Server 2008 R2 SP2 に対する累積的な更新プログラムとなります。
更新内容の詳細については、上記のリンクよりサポート情報をご確認ください。
アクセス違反が発生することがあるいくつかのケースへの対処などが含まれています。

SQL Server 2014 CU1
SQL Server 2014  に対する累積的な更新プログラムとなります。
更新内容の詳細については、上記のリンクよりサポート情報をご確認ください。
アクセス違反が発生することがあるいくつかのケースへの対処などが含まれています。

SQL Server 2014 は最初の累積的な更新プログラムのリリースになります。

Update: SQL Server 2014 CU1 の公開が再開されました(2014/5/7時点)

バージョン番号は公開停止前から変更されていません。
停止前に配布されていた更新プログラムについては速やかに削除することが推奨されます。

Update: SQL Server 2014 CU1 の公開が停止されています。(2014/4/28 時点)

スリップストリームインストールで CU1 を適用した際にインストールに失敗する問題が確認されたため、
CU1 パッケージの公開が停止されています。
詳細については、上記のサポート情報をご参照ください。

基本的には上記CUを適用いただくことで最新の状態となりますが、
重大な問題が確認された場合などには個別の Hotfix が提供されていることがあります。
製品のサポートライフサイクルは こちら を参照してください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中