見落とされがちな SQL Server 2012 のメモリに関するサポート情報

SQL Server は 2012 と、それ以前でメモリ アーキテクチャが大きく異なります。
どのように違うのかは、坂輪さんの記事( こちらこちら )に詳しく書かれていますが、
サポート情報でも、同等の情報が公開されています。

Memory configuration and sizing considerations in SQL Server 2012
メモリの設定とサイジングの考慮事項です。
主に max server memory と min server memory について書かれています。

How to enable the “locked pages” feature in SQL Server 2012
SQL Server 2012 で、SQL Serverが使用するメモリのページアウトを抑止するための
設定について書かれています。

The “awe enabled” SQL Server feature is deprecated
AWE に対応しなくなったことが書かれています。
この結果、32ビット版の SQL Server 2012 では 4GBまでのメモリがサポート対象となっています。

目新しい情報ではないかもしれませんが、
まだ見たことがない方は一度見ておいてほしい情報です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中