SQL Server の累積的な更新プログラムリリース

本日、以下の累積的な更新プログラムがリリースされました。

SQL Server 2012 CU5
SPなしのSQL Server 2012に対する累積的な更新プログラムとなります。
SP1に対する累積的な更新プログラムについては、別途の提供となります。

SQL Server 2008 R2 SP1 CU10
こちらはSP1に対する累積的な更新プログラムとなります。

SQL Server 2008 R2 SP2 CU4
こちらはSP2に対する累積的な更新プログラムとなります。

全ての更新プログラムについて、下記で公開されたメモリリークに関する修正が含まれています。
http://support.microsoft.com/kb/2778088

2008R2のSPなし以前のバージョンについては、
新たな累積的な更新プログラムの提供が終了しています。
(最終版については引き続きダウンロードいただけます。)

年末が差し迫っていることから、適用によるトラブルの可能性を回避するため、
年始以降の対応とされるお客様が多いと思いますが、
SQL Serverのスループットを上げるために「統計情報の非同期更新」を適用されているケースは
少なくないと思います。

ひとつでも多くのシステムについて適用をご検討いただければと思います。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中