リモートデスクトップでローカルのリムーバブルメディアをオンデマンド認識させる

今更!な内容なのですが、ついさっき知ったので、
恥晒しで投稿です。

ローカル側にUSBなどで接続したリムーバブルメディアを、
後から接続して認識させるための手順です。
事前に接続しておかなくてもいい、というメリットがあります。
(事前に接続して、ローカルリソースとして扱うこともできます)

リモートデスクトップでの設定

  1. リモートデスクトップを起動後、オプションを展開し、
    詳細な設定ができるようにします。
    ローカルリソースタブの詳細ボタンを押して設定画面を開きます。
  2. 後で接続するドライブにチェックを入れ、OKを押します。
    設定はこれだけです。

接続して確認

  1. 上記設定後のリモートデスクトップで接続します。
    初期状態では接続していないので、リモート機器が内蔵している
    ドライブのみが表示されます。
  2. ローカルにUSBメモリ等のリムーバブルメディアを挿します。
    今回はWindows Server 2012RCインストール用に作成したUSBメモリを使いました。
  3. リモート側の表示を更新すると、リムーバブルメディアが表示されます。

    念のため、中身を確認します。

    ファイルの日時を比較し、同じ物が見えていることが確認できました。

まとめ

この機能はリモートデスクトップのバージョンが6になった際に導入されたものなので、
2008年頃から今の今まで知らなかったということになりますね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中