SQL Server 2012のスリップストリームインストールを失敗する

実施したことメモ。

SQL Server 2012のスリップストリームインストールを実施してみて、
失敗するという結果が得られたので、その記録。

  1. セットアップを起動する。
    起動してライセンス条項画面まで進みます。

  2. 更新プログラムを検索する。
    下記画面のチェックボックスをONにすることで、WSUS、Windows Updateを自動で検索し、
    SPまたはCUを自動で持ってきてくれます。
  3. インターネット接続があるにも関わらず、更新プログラムが取得できないエラーが表示される。
    エラーとしては、WSUSが存在しないというエラーが出ます。
  4. 更新プログラムが見つからないだけなので、インストールは続行できる。
    適用されてないことを確認するため、最後までインストールを進めてみました。
  5. SQL Server 2012のエンジンのバージョンは11.0.2100.60で素の状態であることが確認できました。

失敗した理由は、Windows Update側でCUが公開されていない(と思われる)ではないかと思います。
念の為に導入直後にWindows Updateを確認してみましたが、
CUの文字はどこにもありません。

というわけで、スリップストリームインストールを成功させるべく、
ローカルにCUをダウンロードしてのインストールに取り組んでみたいと思います。

広告

SQL Server 2012のスリップストリームインストールを失敗する」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: SQL Server 2012のスリップストリームインストール | fb749084043

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中